資格受験 弁護士・司法書士・行政書士 少子高齢化

司法改革の中で、弁護士は人数が急増し、他の士業には今までより広範な権限が与えられた。

ネットとかを見ると弁護士や司法書士、行政書士、社会保険労務士といった士業の方たちが互いに批判をしている。 それだけ仕事に困っているのだろう。
この中でも弁護士と司法書士のやりとりは結構激しいみたいだ。

なぜかといえば、2003年から司法書士も法務大臣の認定を受ければ簡易裁判所の訴訟代理権を得ることができるようになったことが大きい。

司法書士は従来の登記業務が頭打ちになってきたこと、弁護士は人数が急増したことにより仕事が少ないことから、簡裁訴訟というものの存在が両者にとって大きくなってきているのだ。

第一審の年間の訴訟件数なんだけど、地裁は20万件、簡裁は50万件ある。簡裁は訴訟の額が140万以下のものとなる。 概ね個人の消費者被害、交通事故、賃料請求、給与請求とかだ。 なお、地裁や簡裁ともに本人訴訟と言って弁護士や司法書士を付けずに裁判する割合もそれなりにある。 地裁は3割くらい、簡裁は6割くらいが原告・被告ともに代理人をつけていない。

不況で、さらに少子高齢化で訴訟の増加は可能性は低いし、それに対して弁護士は年間1700人規模で増えていることから訴訟を中核業務にしている弁護士としては死活問題なんだろう。 自分らの聖域が崩れ始めているのだから。

だけど、弁護士会としては「俺たちが食えなくなったらどうするんだよ。困るんだよ。せっかく試験に受かって安泰だと思ってたのにさ」なんていう本音は言えないでしょ。 正義の味方?なんだから。

そこで、司法試験の合格者増や司法書士の簡裁代理権取得に対して「能力担保がない人間が訴訟代理を行えるようになっては日本国民の権利が害される」とかもっともらしいことを言って反対してるわけ。

一方、司法書士会側からすれば、従来少額訴訟は金にならないからと弁護士が相手にしてこなかった人たちを司法書士は本人訴訟支援という形でサポートしてきた為、その実績が認められて簡裁の訴訟代理権が認められた。それなのに、弁護士がどんどん増えてきたら今まで見捨ててきた少額訴訟に食い込んでくるのは勝手ではないかという主張がある。そして離婚とか相続の家事事件の代理も解放せよと。

実際簡裁の代理件数としては、弁護士と司法書士の数が同じくらいになっている。

従来、「訴訟」というと弁護士、「登記」というと司法書士をイメージするのが普通だったと思う。だけど、代理件数としては変わらない。なぜ?
このような結果となっているのは今までの弁護士達に多分の責任があると思う。偉そう、金が高い、威圧的、敷居が高い等市民が気軽に相談できない状況を作り出してきたのは彼らである。世間を知らない人間が何年も勉強して受かったら周りの人間や社会からチヤホヤされてきた結果勘違いしてしまっている弁護士が多い。

一方、司法書士は比較的真面目で威張りちらすというわけでもなく、地域の中小企業や不動産会社、個人に密着してきた結果、我々一般国民も弁護士に相談するよりも司法書士の方が相談しやすいという状況がある。

もちろん、弁護士でも人権派で立派な先生もいるし、司法書士でも金儲け主義がいることも事実だ。 ただ、国民のイメージとしては上記のようなことが一般的に言えると思う。

弁護士のブログでは、弁護士が「法的素養があるのは司法試験に合格した我々だ。訴訟代理をしたければ司法試験に合格すればいい。ほかの資格は能力が担保されていない」といい、それを見た司法書士がそのブログのコメントで「弁護士は傲慢で上から目線だ。なんでも万能に行えるとおもっているなんて何様だ。我々だって難しい試験に受かっているし弁護士よりも法律に精通した人間だっている」という応酬をしていた。

こういうやりとりってはっきり言ってどうなのかね?って思う。お互いの利権争いで国民は置き去りにされていると思う。

まず、司法試験に受かれば法的素養があるといっている弁護士も間違っている。だって、車だって運転免許とったって上手い人もいればぶつけてばっかいる人もいるでしょ。弁護士も同じだと思う。 あることで法科大学院の2人の弁護士に質問したんだけど、正反対の答えだった。さすがに片方の人は俺でさえもおかしいと思った。

他方、弁護士は傲慢だとか偉そうだと言っている司法書士もおかしいと思う。劣等感やコンプレックスの裏返しに聞こえるし、社会的地位なんていうのはその時代の国民一般のイメージや信頼でかわるのだから、そんなこというよりも日々の業務で一生懸命誠実に対応して国民からの信頼が得られるようになることが先決でしょ。そうすれば自ずと認知度や社会的地位だって付いてくるでしょ。

昔の人たちが尊敬していた、議員、公務員、教師だって今はあんな状況だもんね。

もっとも、士業にたいして「先生、先生」といって持ち上げてきた我々にも責任がると思う。偉いとか尊敬とかいうのは職業や肩書きで決まるものじゃないと思う。何をやってきたかでしょ。

結局、俺が言いたいのは、資格を持っているからとか試験に合格したから自分は有能だとか思っている連中は法律家である以前に人間として失格だということ。

もちろん、いくら実力があっても法律で認められていない職務を行うことは許されない。法治国家である以上ね。 だけど、法律である士業の職務権限を広げるとかいうことについて利害関係を有する弁護士とかが正論を振りかざして反対するのはおかしい。 最終的には我々主権者である国民が決めることだ。
弁護士のホームページをみると、ことさらに司法書士と弁護士の違いを書いて司法書士より自分たちの方が優れているというようなことを書いているとこがある。

こういうことがホントに効果があると思うのかね? 我々一般国民を馬鹿にしている気がする。 ネット社会である以上、弁護士と司法書士の職務権限の違いなんて調べればすぐわかる。

他の職業の人たちとの違いをホームページで書いて集客する弁護士どう思う?
俺はそんな連中には絶対頼まない。 他の職業をおとしめるようなこと書いてる弁護士信用できないし、仕事がないんだと思うから。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

資格受験 公認会計士 

法人税の模擬試験を受験してきた。準備としては、前回以上にいい感じだったが、結果は前回以下だった。。。

法人税の問題は2時間で、100点満点中、50点が理論問題と呼ばれている文章を書く問題、50点が計算問題(最終的に法人税の納付額を求める)である。

通常、理論問題から手をつけて、ひととおり書いたら、計算問題に移るのがオーソドックスな方法である。今日もその順番で解いた。

今日の理論問題は、答えとして書くべき内容はわかっていた。「よっしゃ!」と思い、まさに、ペンを走らせるわけである。ひととおり書いてみると、あれ!?これって、ここに書くべき内容じゃないぞ。書き終わった時には、もう、手遅れなのである。

公認会計士の答案は、ボールペンで書いて、間違えたら、修正テープで直して書くことができるのであるが、税理士試験の答案では、修正テープや修正液の使用は不可なのである。書き間違えた場合には、二重線を引いて、その上に書くことになる。

学校の先生からは、答案用紙の罫線の間隔に対して2/3の大きさの字を書けと言われている。間違えた時に、書くためのスペースを確保するためである。しかし、私は、会計士の答案の書き方に慣れてしまい、大きい文字で書くクセがついてしまっているので、1度ペンが走り出すと、なかなか小さく書けないのである。

今日のように、ひととおり書いて、全部間違えたとなると、もう、正しい答えを書くスペースがなくて、次に進むしかなくなるのであった。

今日は、少し余ったスペースに書けるかなと思って、無理やり書いたりして、もう、メチャクチャだった。

試験終了後の解説で、理論は35分で計算は85分という時間配分が目安ですと言われたが、私は理論に60分近くかかってしまい、計算は壊滅的だった。

今度は、気を付けようと思った。

ま、今日、こういう失敗をしたので、次は注意するだろうし、本番ではそういうことがないように、心構えができてくると思う。とりあえず、早い段階で失敗しておいてよかったと考えよう。。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

資格 ケアマネージャー

介護福祉士か保育士の資格を所得し、それから五年以上働いてからでないとケアマネ受験資格が得られないと思っていたが、私の所得している介護職員基礎研修でも所得後五年以上実務経験あれば受験資格があるらしい(因みにヘルパー2級や社会福祉主事も)。尤も、この資格だけだと全部で60問ある試験科目のうち福祉分野の15問は免除対象にはならないらしいが、受験までに介護福祉士所得すればいい。

よし、まずは今年保育士、平成27年1月介護福祉士、平成28年秋ケアマネ所得目指して頑張ろう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

資格 簿記

簿記は、1~4級まであり、受験資格の条件はなし。

いきなり2や1を受けてOK!

70点が合格点とかなり良心的。成績上位20%といった定員制ではない。

2級では第1問・第2問~というかたちで、大きなくくりが5つある。
それぞれが下記のように意味を持つ。

第1問 日々の取引 記録範囲は個別の取引で完結している基本作業

第2問 月間の集計 最も単調で作業感のある分野

第3問 年間の締め 決算書という報告書を作成する流れ

第4問 工場内費用の分類など 本社とのやりとりを記録したり、第5問と似た系統の計算処理であったりと毎回、出題内容に統一感がない。だけど!難易度設定が低く、所要時間も短いケースが多い。

第5問 製造費用の算出 計算処理が最も多いため、相性の良し悪しが分かれる

1・2・3は商業の簿記、外部との取引を記録することがメインとなる。
4・5は工業の簿記、製造業の企業を想定した内容であり、
どのくらい費用がかかっているか、
作りかけ・出荷済み・完成品在庫の増減推移など製造現場の事情を扱っている。
合格に必要なだいたいの勉強期間
合格者の体験談・資格情報本・スクールの宣伝文・不合格者の言い分などの情報を調整して大雑把に目安を設定すると
1級 半年
2級 2か月
3級 2週間
4級 ?
まともな人間ほど不真面目なので、プラス1ヶ月がちょうどいいかも。
通勤電車と起床後・就寝前にちょっと、このスタイルが基本。

とはいえ自分の場合、第133回なのでフェアじゃないか。
過去問を解いていると、下の2パターンがあると気付く。

1、とびきり難易度の高い問題はないかわりに、ちょっといじわるな問題が頻出する。
2、かなりいじわるな問題が少しあるかわりに、大半はシンプルな問題。

2級は3人に1人くらいの合格率を推移している。
ところが、今年の2月実施の第133回は2のパターン、それもかなり極端。
2人に1人が受かるという過去最高の合格率。
結果だけ見ると超運が良かったと思えるが、本番中は妙に勘ぐり緊張してしまった。
「こんな単純なわけがない、資料の見方間違えた?指示文の意味を履き違えてる?何か見落としていないか?」
と返って心臓に悪かった…

取得のメリット
=事務系求人の応募条件になっていることが多い

この点は、宅建やFPと違って明確な特徴である。
一般企業では、経理の業務だけを担当するケースは稀。
経理業務の領域も兼任する事務職求人は、多過ぎる応募者を絞るために条件指定するという背景がある。
きっと簿記がビジネス系資格において最大規模を誇る要因だ。
露骨なことをいうと公務員人気と似た原理、勤務時間・年間休日の面で優遇されることが多い。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

資格 ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格は、
上級になると受験資格が設けられていた。
簿記のようにいきなり2級ができずクソっと思ったけど
試験内容を確認してむしろ丁度良かったと考えを改める。
単に制度の内容・数値・名称などを覚えていないと得点できないではないか。
色々と覚えなきゃな…

計算処理ではなく、マークシートを塗りつぶす形式による三択問題が30問?
だそうだ。
「困った時にもらえる金」の制度についての知識がそのまま問題になってる!
これはかなり一般受けする内容だ。
この資格が、簿記に次ぐ規模に成長したのもうなずける。

不動産と相続は、宅建と勉強内容がかぶっていてありがたい。
合格基準は点数指定のようだ、しかも60%!
70点が合格点の簿記よりも良心的だ。
簿記や宅建と異なり指示文は素直で、論点が明確。
問題作成者の性格がでてるよなきっと。

とはいえ問題形式の性質上
細かい決まりごとを覚える事が目的の試験。
相性は、良くは無い。宅建も並行してやるんだしな。

基礎テキストは約10日間で完了、過去問に突入してるし
3級合格に要する期間は、2週間が目安らしいし。
本番は5月26日。
1か月以上もあるじゃないか。

真剣な姿勢より、速度と回数の方が成果はだせる!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

資格受験日記 衛生管理者

“衛生管理者”とは、労働安全衛生法において定められている国家資格で、労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする者のことです。

いやー、まさか自分が国家資格を受けることになるとは思わなかった…。
直接は言われてないのですが、店長からのご指名受けました(泣)。
まさか受けたくないとは言えない…。

しかも、ケチケチ会社、受験料は合格者にだけお支払いしますってさ。
6800円も自腹はちょっとキツイぞ~!!
交通費も合格者だけだし。
神奈川からわざわざ千葉の市原まで受けに行かなきゃいけないのに…。
時間もお金もかかるよ!!

講義の内容ですが、あっちの今の業務内容も少しかかわっている部分もあったので、多少理解できるところもあったんだけど、まぁ難しいの一言…。
9~18時までみっちり講義だったんだけど、お昼食べてからの午後の講義はだいぶ眠かった。
しかも、実際は2日間で教えている内容を8時間に凝縮して教えてもらったので、スピードが速くてメモるのに精一杯…。

あっ、内輪ネタになってしまいますが、前の店で一緒だった本間さんと野崎さんと山口さんに会いました。
知ってる人がいるとちょっとホッとするね。

思い出せば、大学生の頃に就職活動が有利になるように資格に挑戦したこともあったっけ。
あの頃、何となく資格取得に燃えていた気がする(笑)。
受けたのは、無難に英検、漢検、秘書検だけどね。
それが実際に就活で有利になったのかは謎だなぁ!!

受かるにはもっと勉強しないとダメだな。
それでなくても、仕事も休日も忙しいあっちなのに…(笑)。
でも、せっかく受験するなら頑張って合格目指しますっ!!
あー、言っちゃった(笑)。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ